FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

35 寒い国から来た「安倍一族」

(1)東北地方と「アベ一族」

 ある地域である苗字を名のる人がやたらに多い。そんなことがよくあります。

 わたしが生れた近所は「志村」という表札に囲まれていました。子供のころは不思議に思ったものです。
 今から思うと何のことはない話で、あのへんの地主さんだったわけですね。

 限られた地域ならそんなケースもめずらしくはないと思いますが、もっと広く何々県くらいに多い苗字というのがあると、興味をひかれます。

 以前、仙台に行ったとき、「佐藤さん」がたいへん多いことに驚きました。
 ちょっと道を歩いても、ほうぼうで目にする「佐藤」という表札、信号待ちしている車に「佐藤工務店」。訪問した先に3人くらい佐藤さんがいる。
 そんな調子でした。

 ところで、今回とりあげようと思うのは、佐藤さんではありません。

 あべ

 これも宮城県に多い姓の一つです。

 実は佐藤も阿部も、歴史的に由来のある姓。とくに、阿部(阿倍・安倍・安部)さんは面白いのです。


 東日本に多くの足跡を残した、7世紀の水軍の将・阿倍比羅夫。

 源氏との死闘(前九年の役)で有名な、蝦夷の大豪族・安倍氏。

 東北地方の歴史を知る上で、阿倍(安倍)という姓は避けては通れないというほど重要なのです。

(2)四道将軍

 『日本書紀』にみえる記述です。

 第10代天皇・崇神の時代、4人の皇族将軍が日本各地に派遣されました。
 その4人とは、大彦命(おおびこのみこと)、武渟川別命(たけぬなかわわけのみこと)、吉備津彦命(きびつひこのみこと)、丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)。

 大彦命と武渟川別命は親子だったと書かれています。
 大彦命は北陸に、武渟川別命は東海に遠征しました。
 それぞれ北陸と東海を平定した後、親子が出会った土地が、

 会津

 と命名された。

 そんな伝承があったりします。

 この二人は、阿倍氏の始祖とされています。

 1978年。埼玉県の稲荷山古墳から一振りの鉄剣が発掘されました。その剣に意富比?(オホヒコ)という名が象嵌されていることがわかり、四道将軍の伝承には史実性があると考えられるようになりました。

 阿倍氏が東日本とつながりの深い豪族だったことが、ここからもうかがわれます。

 大彦を東国に派遣した崇神天皇は、4世紀頃の近畿地方の王者。この人物こそヤマト王権の初代天皇(大王)だったとも言われます。
 したがって大彦を祖とする阿倍氏は、初期ヤマト政権をささえ、その対東国戦略を担っていた氏族と考えられます。

 後の大豪族、蘇我氏は6世紀以降、藤原氏は7世紀以降に台頭した氏族ですから、阿倍氏はそれよりはるかに古く由緒ある一族だったと言えます。

 阿倍氏とくらべたら、藤原氏なんぞはポッと出の成り上がり者もいいところということになります。

(3)阿倍比羅夫

 阿倍比羅夫は7世紀の将軍。
 北陸地方・越の国を支配する豪族でしたが、180隻の水軍を率いて蝦夷を征伐し、北海道まで進出したとも言われています。
 水軍180隻はあるいは誇張かもしれませんが、当時の日本における「無敵艦隊」だったでしょう。
 時の支配者は、古代屈指の独裁者、中大兄皇子=天智天皇。
 この専制的な天皇の命令で、比羅夫は朝鮮半島に出兵します。友好国・百済と組んで、唐・新羅連合軍と戦ったのです。

 白村江の戦い。
 この戦いは、倭国・百済連合軍の大敗に終わり、日本は存亡の危機に立たされました。
 言ってみれば、天智天皇は古代の東条英機、阿倍比羅夫は山本五十六といったところです。

(4)奥州十二年合戦(前九年の役)と安倍氏

 時代は下って平安時代。

 東北地方に、安倍氏という強大な豪族が勢力を誇っていました。
 これは蝦夷の流れをくむ、土着の豪族です。
 京都の朝廷から見れば明らかに異民族系なのですが、なぜ彼らが中央の名族である「安倍」の姓を名のっていたのか、はっきりはわからないようです。
 朝廷に協力的な蝦夷をてなずける時に与える姓のひとつが、「安倍」だったとも言います。
 しかし、逆も考えられるかもしれませんね。
 ヤマト朝廷の東北計略をまかせられたアベ氏は、もともと東日本に出自を持つ一族だったのかもしれません。

 今となっては、歴史の闇にかくされた謎のひとつなのでしょう。

 わかっているのは、この奥州安倍氏は11世紀、岩手県あたりを拠点に勢力をのばし、しだいに独立性を強めていったこと。
 やがて朝廷と対立するようになり、ついには12年にもおよぶ戦乱を起こすのです。

 それが、世にいう「前九年の役」。

 この戦いでは、東北勢に対抗する勢力として、関東地方の源氏が歴史の舞台に大きく躍り出してきます。

 源氏との死闘によって奥州・安倍氏は滅亡しますが、東北の覇者の座は同じく蝦夷の血をひく清原氏→藤原氏と受けつがれていきます。

 前九年の役は、古代史上の宿命の対決ともいうべき、関東VS東北戦争の前奏曲でもありました。



アーカイブ(過去記事一覧)



姫氏の国の物語・トップページへ
 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokai-japanese-history.com/tb.php/42-50652e12

 | HOME |  ▲ page top