FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

27 古代・北関東王国の没落

 古墳時代中期、西暦5世紀の北関東地方。
 そこに、雄大な勢力を誇った「国」がありました。

 彼らは今の群馬県、榛名山の東南のふもとに本拠をおいて利根川の水運をおさえ、朝鮮半島から技術者を迎えいれて、先進的な地方社会を築いていました。

 その国の名は、「毛野」。

 『日本書紀』の安閑天皇元年の条に、つぎのような伝承が記されています。

 武蔵国の笠原直使主(かさはらのあたいおみ)と同族の小杵(おき)は、国造(くにのみやつこ=地方長官)の地位を争っていました。
 小杵は心がけわしく高慢な性格で、上毛野君・小熊に援助をもとめて使主を殺そうとはかりました。
 しかし、これを事前に知った使主が逃れて大和朝廷に訴えでたため、朝廷は軍を送って小杵を誅殺しました。
 使主は感謝し、横渟・橘花・多末・倉樔の4ヶ所の土地を朝廷に献上しました。

 『日本書紀』に書かれた内容を鵜呑みにするならば、この事件は地方長官のもめごとに朝廷が裁きを下した話ということになります。

 しかし『日本書紀』は朝廷の視点にかたよって記述された書物であり、内容にはかなり歪曲があると考えられています。

 史実はどうなのでしょうか。

 この「武蔵国造の乱」は、おおむね5世紀の後半から6世紀初頭ごろのできごとだろうと、多くの研究者は考えています。

 そのころの関東地方は、まだ大和政権の支配化に完全には入っていなかったとみられます。
 当時の「大和」は、日本列島の諸豪族の中の最大勢力だったことは間違いないと思いますが、関東などの他地域に対しては政治的・軍事的に圧力をかけることはあっても、まだ支配はしていなかったのではないかと思います。

 おそらく上に紹介した事件は、近畿地方から虎視眈々と地方制覇をねらう大和が、関東地方の内紛に乗じて介入を試みたというのが真実に近い姿だったのでしょう。

 ここで興味深いのは、武蔵の国を2分した抗争を背後からあやつった2大勢力の存在です。

 1方の黒幕は大和。そしてもう一方の雄は、「上毛野君、小熊」と書かれています。

 上毛野(かみつけの)というのは、後の上野国(こうずけのくに=群馬県)のことです。

 上毛野(かみつけの)→上野(こうずけ)
 下毛野(しもつけの)→下野(しもつけ=栃木県)

 後の地名は、このように変化して成立したと考えてよく、群馬県を上毛ということがあるのはこのためです。

 そして武蔵国というのは今の埼玉と東京、神奈川県北部の一部をあわせた地域ですが、多摩川流域を治めていた勢力が上毛野の影響を強くうけていたらしいことが、考古学の発掘調査によって明らかにされています。

 つまり5世紀ごろの関東地方には、上毛野・下毛野・武蔵の3大勢力による部族連合があり、上毛野の勢力がその盟主だったと考えられるのです。
 彼らこそ、関東の王者の名にふさわしい大豪族でした。

 このように見てくると、「武蔵国造の乱」と呼ばれる事件の真相は、東方進出をはかる畿内政権「大和」と、関東の支配者「毛野」とのあいだに起こった「代理戦争」だったことがわかります。

関東地図sss

 では、この抗争の結果は、どのようなものだったのでしょうか?

 実は、このブログの22で紹介した、埼玉古墳群のありかたにその答えがあるのです。

 埼玉古墳群は、稲荷山古墳からはじまります。
 その築造は5世紀末とみられ、出土した鉄剣の銘文には被葬者「ヲワケの臣」の先祖が代々大和朝廷に仕えていたことが書かれています。

 にもかかわらず、この地域には首長の墓にふさわしい規模の古墳が、稲荷山古墳より以前にはつくられていないのです。

 これは、ヲワケの臣という人物が、どこか他の地方からやってきて、この地の支配者になったことを暗示しています。

 では、上毛野の本拠・群馬県の様相はどうでしょう。

 群馬では4世紀代から5世紀後半にかけて、東日本では最大級の古墳が数多く築造されています。ところが、6世紀以降は急速に古墳の規模が小さくなってしまうのです。

 古墳群のありかたを見ると、関東地方の勢力の中心が5世紀後半~末葉のある時期に群馬から埼玉に移動したことがうかがわれます。

 稲荷山古墳に眠る「ヲワケの臣」が大和の力をバックにして君臨した北武蔵は、上毛野と南武蔵を分断する位置にあたります。
 武蔵国の内紛をたくみに利用して、大和は毛野の支配する関東地方に楔を打ちこんだのです。

 上毛野氏はその後も長く命脈をたもちますが、地方政権の雄としての栄光は5世紀を最後に終わりを告げたようです。
 その後の上毛野氏は、物部氏や大伴氏のように大和朝廷に仕える有力氏族として生き残りをはかるようになっていきます。


アーカイブ(過去記事一覧)



姫氏の国の物語・トップページへ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tokai-japanese-history.com/tb.php/33-38d54162

 | HOME |  ▲ page top