FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

42 武家の棟梁・源頼信(後編)

1.源頼信と盗賊

 さて、源頼信。

 『今昔物語集』に、こんな話があります。

 頼信の家来に、藤原親孝という者がいました。
 ある時、この親孝の家に盗賊が入りました。親孝は盗賊を捕らえて縛り付けましたが、盗賊は親孝の子供を人質にとって逃亡しようとしました。
 親孝は主人の源頼信に助けを求め、子供が殺されると泣いて訴えました。

続きを読む »

41 時代区分についての覚書

1.日本史の時代区分には無理がある

 日本史の時代区分は、旧石器時代から始まり、縄文時代、弥生時代、古墳時代、古代(奈良・平安時代)、中世(鎌倉・室町時代・戦国時代)、近世(江戸時代)、近代(明治~第二次世界大戦)、現代(ポツダム宣言受諾以降)というのが標準になっています。

 一見して、なんだか変でしょう(笑)

 旧石器と縄文(土器)・弥生(土器)は道具の名称、古墳はお墓、奈良とか平安とか鎌倉などは政権所在地。
 そして、古代~現代という用語を使うなら、本来は原始・古代・中世・近世・近代・現代となります。
 カテゴリーの異なる区分が、いい加減につながっていますね。

続きを読む »

 | HOME |  ▲ page top