FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

40 武家の棟梁・源頼信(前編)

1.なぜ「関東」は源氏を選んだのか?

 治承4(1180)年10月6日。

 この日、日本列島の歴史の流れを大きく変える出来事が、関東で起こりました。
 源頼朝が5万騎ともいわれる大軍を率いて、鎌倉の地に入ったのです。
 伊豆で挙兵した頼朝が石橋山の合戦で平家軍に大敗したのは、この日からわずか40日余り前のこと。
 命さえも風前の灯と思われた頼朝の怒涛のような巻き返しに、天下は震撼したに違いありません。

 源頼朝という一人の男に、関東の武士たちの「夢」が結集したのです。

 清和源氏の総帥。
 その地位がもたらすカリスマ性が、頼朝の力の源泉でした。

 それでは源氏は、なぜそれほどの影響力を関東の武士たちに及ぼすことができたのでしょうか?

 その理由の一端を、エントリ38『「八幡太郎」伝説 -源義家-』で書きました。しかし、源氏と関東のかかわりは、そう簡単には語りつくせません。
 今回とりあげようと思うのは、義家よりももう少しさかのぼる時代です。

続きを読む »

 | HOME |  ▲ page top