FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

35 寒い国から来た「安倍一族」

(1)東北地方と「アベ一族」

 ある地域である苗字を名のる人がやたらに多い。そんなことがよくあります。

 わたしが生れた近所は「志村」という表札に囲まれていました。子供のころは不思議に思ったものです。
 今から思うと何のことはない話で、あのへんの地主さんだったわけですね。

 限られた地域ならそんなケースもめずらしくはないと思いますが、もっと広く何々県くらいに多い苗字というのがあると、興味をひかれます。

 以前、仙台に行ったとき、「佐藤さん」がたいへん多いことに驚きました。
 ちょっと道を歩いても、ほうぼうで目にする「佐藤」という表札、信号待ちしている車に「佐藤工務店」。訪問した先に3人くらい佐藤さんがいる。
 そんな調子でした。

 ところで、今回とりあげようと思うのは、佐藤さんではありません。

 あべ

 これも宮城県に多い姓の一つです。

 実は佐藤も阿部も、歴史的に由来のある姓。とくに、阿部(阿倍・安倍・安部)さんは面白いのです。

続きを読む »

34 コメが日本の歴史をつくった

(1)米とミカドと政(まつりごと)
 
 天皇とは何か?
 いろいろな定義ができると思いますが、ひとつには「日本の稲作をまつる司祭」と言えます。

 古代から天皇が執り行う重要な儀式に、「新嘗祭」と「大嘗祭」があります。
 新嘗祭は11月23日、今では「勤労感謝の日」になっていますが、もともとは天皇がその年に収穫されたコメを神に捧げる日でした。
 そして、新しい天皇が即位する年には、「大嘗祭」を行います。
 この時は、占いによって、東日本と西日本から1箇所ずつ、神に奉納するコメを献上する田んぼを決めます。
 この田んぼを、悠紀田・主基田と言います。

 この東と西から1箇所ずつ占いで選ぶという行為は、要するに天皇の支配のおよぶ地域の範囲を象徴しているのです。
 ミカドが神を祭ることによって、その統治する地域では豊作が保障されるという考え方です。

 古代社会における政治=マツリゴトとは、そういうことでした。

(2)なぜ、コメは優秀か?

 コメは長く、日本人の食生活の根幹でした。
 その理由は、農産物としてのたいへん優秀な効率のよさにあります。

 1粒のコメから生じた苗から、現在の技術では約2000粒も収穫できるそうです。
 コムギの場合、1粒からの収穫は例外的に500粒くらいの品種もあるものの、普通は150~170粒くらいとか。

 もちろん日本人の食生活には、昔からコメ以外の雑穀、野菜、魚介類、肉類などもいろいろありますが、大量の食糧を外国から輸入するようになった現代より以前には、コメを柱にすえることによって食糧供給の安定をめざしていたのです。

 ただコメ作り=水田の運営には、灌漑の工事など人間を組織的に動員する必要もあるし、けっこう高い技術やノウハウが要求されます。
 なので日本の古代からの政治には、水田経営の歴史という側面がありました。

 なにしろ江戸時代などは、ずばり石高制です。

 加賀100万石とか言うでしょう?
 大名や武士の基本的な収入は、コメだったわけです。

 だから、コメの収穫にまつわる儀式は天皇のたいせつな仕事であり、その伝統は今でも続いているわけです。

(3)貿易摩擦が、ふたたびコメを政治問題として浮上させた

 さて。
 最近、カビや農薬で汚染された輸入米が問題になっています。
 日本では現在、一方でコメの生産を減らす「減反政策」を進めながら、他方で外国からコメを輸入してもてあますという、奇妙なことをやっています。
 汚染米・事故米問題は、そのイビツな政策の弊害が象徴的にあらわれた事件と言えます。

 なぜそんなことになったのかというと、直接的には、1980~90年代の貿易交渉「ウルグアイ・ラウンド」。
 これは、ちゃんと調べるといろいろ複雑なようですが、簡単に言うとコメの一定量の輸入が「事実上」義務付けられたような状態になっています。

 コメは、政治と外交によって、もみくちゃにされてしまっています。

(4)日本とコメのかかわりについて考えるための3冊

 この問題はそうとうに根が深いので、簡単には語りつくせません。
 また、語りつくすには正直なところ、私も力不足。

 おいおいこのブログでも考えていこうと思いますが、とりあえず参考になるオススメの3冊を紹介します。



① 『コメを選んだ日本の歴史』原田信男 文春新書

② 『美味しんぼ 36』 「日米コメ戦争 」雁屋哲・花咲アキラ  ビッグコミックス

③ 『コメは政なれど… -ウルグアイ・ラウンド異聞-』望月迪洋 オンブック


 ①は、古代以来の日本にあって、コメがどのように社会の根幹を形成してきたかを知るには最適。通史として一望できるのも、リーズナブルです。

 ②は、一世を風靡した料理マンガ。この作者は、食にからめて社会問題を語るのが、けっこう得意です。重要なメイン・キャラの海原雄山は、陶芸家。日本文化とコメのかかわりを語ってくれます。水田からとれる良質の土を焼き物に使うという話は、初めて知りました。最後の方に、農薬についての、ちょっと衝撃的なエピソードが紹介されています。

 ウルグアイ・ラウンドの経過や、政治的な舞台裏を知るには、③。
 戦後の工業主導の政治や貿易体制によって、日本の農業がズタズタにされてしまったことが、リアルにわかります。





アーカイブ(過去記事一覧)



姫氏の国の物語・トップページへ
 | HOME |  ▲ page top