FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

1 地獄からの咆哮

 平田弘史の「大地獄城」が復刻されました。
 この作品が少年キングに連載されてから、40年近くたちます。5回の連載だったと思いますが、子供心には描写がきつすぎて4回で力尽きまてしまいました。怖くて最終回が読めなかったんです。
 ナノデずっと気になっていたものの、この作品、ずっと単行本化されなかったんですね。後になって、同じ作者による貸本版のオリジナルがあったこと(タイトルは「復讐 つんではくずし」)、リメイク版の「大地獄城」の方は原稿が紛失してしまったことなどを知りました。今回出た本は初出誌のコピーから起こしたとかで、解説の中に1969年の連載と書いてあったから、38年ぶりの再会ということになります。さすがにもうオトナですから、何かと殺伐としたことも多い昨今、いまさら目をそむけるほどのこともなく読み終えました。で、気がついたことなど2~3書いてみたくなったわけです。

まずは簡単にストーリーを紹介します。多少物語を説明しないことにはこの先の話が理解できないからですが、未読の方の興をそぐかもしれないので、後半の方はさらっと書いておきます。関心のある方は作品を読んでみて下さい。
 舞台は戦国時代。主人公は巌谷城主義勝の次男、梅丸。義勝を父の仇と恨む赤城重盛の奇襲を受けて、巌谷城は落城。城主一族は幼い梅丸をのぞき滅亡します。梅丸が片足を失いながら生きのびることができたのは、赤城側の武将草葉一徹に救われたから。一徹は城攻めの先頭に立って勇戦した男ですが、戦いの無情を悟り敵将の子の命を助け、キコリとなってひそかにその子を育てたのです。
 梅丸は硲太平と変名し、逞しい若者に成長します。一徹が、赤城重盛への復讐心をたぎらせる太平に復讐の恐ろしさを説くエピソードがはじめの方にあり、このあたりはむしろ爽やかささえ感じさせるのですが、ここで太平が納得してしまうと物語りは連載1回目で終わってしまいます。
 太平は聞き入れず、あるきっかけから仇敵重盛に召し抱えられることになります。この若者、不具者ながら勇猛でなかなかのやり手として描かれており、数年で赤城重盛の信頼を勝ち得、やがて右腕のような存在にのしあがります。
 太平はついに、かねてよりの恐ろしい計画に踏み切ります。

続きを読む »

前口上

東海姫氏の国、日本。

 わが国には、かつてオンナが輝いていた時代があった。かもしれません。
 世界的にも珍しい女性太陽神アマテラス。
 黎明の中に立つ幻の女王卑弥呼。
 「この国のかたち」をつくった7世紀の女帝たち。
 その後のながいオトコ社会を経たものの、昨今はまた女性たちが精彩をとりもどしつつあるように見え、クラシックの女指揮者西本智実、クールでカッコよかったイナバウアー荒川静香、あの宮崎駿監督もその作品に必ずと言っていいほど個性ある魅力的なオンナを登場させています(若かったり、年寄りだったり)。

 日頃、考えていることなどをブログに書いてみようと思い立ち、日本をあらわすいい言葉がないかなと思案しました。で、思い出したのがこの「東海姫氏(きし)の国」。

 これは平安時代以降に流布したといわれる予言詩「野馬台詩」の、冒頭の一文です。
 姫氏というのは本来古代中国の周王朝をさしますが、東の海上にある女性の治める国の暗喩と考えられ、そもそも「野馬台」というのがどう見ても邪馬台国のもじりであることからも、要するに日本のことを言っているのは確実と思われます。漢詩の体裁をとってはいますが中国人の作とは考えがたく、いわゆる偽書、平安朝期の知識人のお遊びに中世~江戸期の学者やらが便乗してさらに注釈をくわえたりした、まあ往古のトンデモ本のようなものらしいのですね。

 とりあえず四方山話(よもやまばなし)を入れる器を作ってみました。中に酒を盛るか料理を盛るかは、これから考えていこう、ということで。オンナの話題に限るつもりは別にありません。

 最初にとりあげるのは、この上もなくオトコっぽい漫画家、平田弘史の怪作「大地獄城」です。


アーカイブ(過去記事一覧)



姫氏の国の物語・トップページへ

アーカイブ(過去記事一覧)

【戦争論】
 45 日本が海外に出兵する時 古墳時代編(一) 《日本列島と戦争(その4)》


【歴史全般】
 41 時代区分についての覚書
 50 江戸時代についての二つの見解


【人物伝】
 26 今川義元
 32 斉藤道三 -武・商・僧の三つの道-


【古代史】
 17 ”正倉神火” と武士の誕生
 21 蘇我氏 - 列島の古代国家をつくった一族 -(その1)
 22 古代東国の王者と「稲荷山鉄剣」
 25 崇神天皇と三輪山の蛇神
 27 古代・北関東王国の没落
 35 寒い国から来た安倍氏
 39 平安時代は乱世だった
 40 武家の棟梁・源頼信(前編)
 42 武家の棟梁・源頼信(後編)


【中世・戦国史】
 6 戦国の梟雄
    斉藤道三と『国盗り物語』
 7 女は遊べ物語
    浪費家の女房をめとった、ある戦国武士の生涯 その意外な結末
 9 八犬伝博物館のある城
    房総里見氏ゆかりの館山城と、華麗なる江戸文化の粋 -『八犬伝』の世界-
 11 青岳尼と房総里見氏の栄華
    知られざる戦国史・女性編
 12 濃姫の謎と歴史を創る愉しみについて
 13 織田信長の実像(その1・入門編)
 14 織田信長の実像(その2・桶狭間1)
 16 織田信長の実像(その3・桶狭間2)
 18 阿井景子 『濃姫孤愁』
 38 「八幡太郎」伝説 -源義家- 《征夷大将軍・前史》
 52 北の政所と淀の方


【近世史】
 5 江戸の経済危機に挑んだ男
    異才発掘:元禄の貨幣改鋳を断行した天才経済官僚、荻原重秀
 19 田沼意次と、近世日本の経済政策


【近・現代史】
 49 南満州鉄道


【時事】
 34 コメが日本の歴史をつくった
 51 悩める生徒会長



 日本の歴史を探す旅・トップページへ
 | HOME |  ▲ page top