FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

ニッポンの今日まで、そして明日から

《最新記事》
52 北の政所と淀の方

《ピックアップ》

古代北関東王国
【その1】
22 古代東国の王者と「稲荷山鉄剣」
【その2】
27 古代・北関東王国の没落

50 江戸時代についての二つの見解
49 南満州鉄道
48 悪魔の知能ゲーム
45 日本が海外に出兵する時 古墳時代編(一) 《日本列島と戦争(その4)》
44 羽生善治のゲノム
42 武家の棟梁・源頼信(後編)
41 時代区分についての覚書
40 武家の棟梁・源頼信(前編)
39 平安時代は乱世だった
38 「八幡太郎」伝説 -源義家- 《征夷大将軍・前史》
34 コメが日本の歴史をつくった
32 斉藤道三 -武・商・僧の三つの道-
25 崇神天皇と三輪山の蛇神
16 織田信長の実像(その3・桶狭間2)
9 八犬伝博物館のある城 



アーカイブ(過去記事一覧)



 西洋文明を追い求めた ”明治”。
 グローバルスタンダードという名のアメリカローカルに幻惑されつづける、現代の日本。

 でも、この国が圧倒的に大きな ”海外” のかげにおびえ、そして憧れたのは、近代以降のことだけではありません。
 原始・古代の日本。その西方には、中国という巨大文明がそそりたっていました。
 まだ多くの人々が竪穴住居でくらしていた時代に、中国・朝鮮から断続的に流入する高度な技術と文化の影響を受けたことが、この国の歴史をきわめて複雑なものにしました。
 
 黎明のなかに立つスーパーレディ、”幻の女王 ”卑弥呼は、中華文明に果敢に挑戦した最初のこの国の指導者でした。
 そのとき以来、この国は ”鎖国” と ”開国” の大きな振り子運動をくりかえしました。
 
 律令制期の ”日本” は、中国を模倣した ”ミニ中華帝国” でした。国情にあわない中国の政治制度を導入し、服装まで中国化しました。その様子は、明治時代の極端な西洋化にとてもよく似ています。
 
 ところが、これだけ熱心に中国化を望んだ日本ですが、それは奈良時代までのことでした。内向きに転じた平安時代の社会は、合理的な中国とは似ても似つかぬまことに奇妙な呪術的社会でした。
 
 鎖国と開国の振り子運動は、平安末期の平家政権による交易国家志向により、一時開国をめざすかに見えました。しかし、それは大きなうねりとはならず、この国は独自路線の模索にしだいに傾斜しました。
 
 そして、大きな歴史的事件がおこります。
 
 ”武士” という土地を開拓し運営する ”実務者” たちの勢力が、不労所得者・貴族をしりぞけて、社会の指導的地位を獲得したのです。
 それは、一種の ”ブルジョア革命” だったのではないかと、わたしは思っています。
 13世紀の日本は、そこまで到達したのです。
 
 世界史に類のない ”武家社会” は、試行錯誤をくりかえしながら近世 ”江戸期” に完成を見ます。江戸時代の社会は、多くの矛盾や問題点もかかえながら、一面ではきわめてバランスのとれた平和社会・エコ社会だったことが、近年では認められるようになってきました。
 
 21世紀を迎えた現在、グローバルスタンダードを詐称するアメリカローカルも、ほころびを見せ始めているようです。
 行きづまりを乗りこえるヒントは、日本の歴史の中にこそ隠されているのではないでしょうか?

41 時代区分についての覚書

1.日本史の時代区分には無理がある

 日本史の時代区分は、旧石器時代から始まり、縄文時代、弥生時代、古墳時代、古代(奈良・平安時代)、中世(鎌倉・室町時代・戦国時代)、近世(江戸時代)、近代(明治~第二次世界大戦)、現代(ポツダム宣言受諾以降)というのが標準になっています。

 一見して、なんだか変でしょう(笑)

 旧石器と縄文(土器)・弥生(土器)は道具の名称、古墳はお墓、奈良とか平安とか鎌倉などは政権所在地。
 そして、古代~現代という用語を使うなら、本来は原始・古代・中世・近世・近代・現代となります。
 カテゴリーの異なる区分が、いい加減につながっていますね。

続きを読む »

10 日本の歴史を記述する試み

 今回は、このブログのこれからの方針について、少し書いてみようと思います。

 スタートしたころには、ブログってはじめてだったので何をどう書けばいいのかカイモクわかりませんでした。
 そこで、とりあえず歴史やらマンやらとはばをひろげ、興味のあることを”ごった煮”的に放り込んでいくような感じで始めてみたのですが、もう少しテーマをしぼったほうがいいのかな、と。

 1ヶ月半ほどやってみて、そう考えました。

 で、これから先はこんなふうにしてみよう、というのを書きます。

続きを読む »

9 八犬伝博物館のある城

 千葉県館山市に、八犬伝博物館があります。
 正式な名称は、館山市立博物館分館。
 本館の方には安房の歴史と文化、戦国大名・里見氏関連資料、民俗資料などが展示されていますが、こちらの館山城を模した分館は「八犬伝」で満載!!

 滝沢馬琴が江戸時代に著わした、一大長編伝奇小説『南総里見八犬伝』。
 ここには、その馬琴についての資料がある。錦絵や、歌舞伎のからくりもある。昔、NHKで放映された『新八犬伝』、その中で使われた辻村ジュサブローの人形もある。現代の小説、マンガもある。

 日本史、とくに戦国史に興味のある方、南房総に君臨した里見氏について知りたい方、八犬伝が好きな方、江戸文化が気になる方。

 一見の価値はあると思います。近くに行かれたときは、ぜひ、お立ち寄りを。

千葉県館山市館山城山公園内
JR内房線館山駅よりバス「城山公園前」下車

《博物館月報「館山城/館山市立博物館分館」》
http://www.hakubutu.com/museum/MU_8dogs.html

 ところで、館内の何階だったか忘れましたが(下の方だったと思う)、懐かしいNHK『新八犬伝』のうちの3話が観られるところがあります。
 どうして3話だけなのかと思ったら、それ以外は全部テープが消去されてしまったそうですね。

 さて、『新八犬伝』。

続きを読む »

アーカイブ(過去記事一覧)

【戦争論】
 45 日本が海外に出兵する時 古墳時代編(一) 《日本列島と戦争(その4)》


【歴史全般】
 41 時代区分についての覚書
 50 江戸時代についての二つの見解


【人物伝】
 26 今川義元
 32 斉藤道三 -武・商・僧の三つの道-


【古代史】
 17 ”正倉神火” と武士の誕生
 21 蘇我氏 - 列島の古代国家をつくった一族 -(その1)
 22 古代東国の王者と「稲荷山鉄剣」
 25 崇神天皇と三輪山の蛇神
 27 古代・北関東王国の没落
 35 寒い国から来た安倍氏
 39 平安時代は乱世だった
 40 武家の棟梁・源頼信(前編)
 42 武家の棟梁・源頼信(後編)


【中世・戦国史】
 6 戦国の梟雄
    斉藤道三と『国盗り物語』
 7 女は遊べ物語
    浪費家の女房をめとった、ある戦国武士の生涯 その意外な結末
 9 八犬伝博物館のある城
    房総里見氏ゆかりの館山城と、華麗なる江戸文化の粋 -『八犬伝』の世界-
 11 青岳尼と房総里見氏の栄華
    知られざる戦国史・女性編
 12 濃姫の謎と歴史を創る愉しみについて
 13 織田信長の実像(その1・入門編)
 14 織田信長の実像(その2・桶狭間1)
 16 織田信長の実像(その3・桶狭間2)
 18 阿井景子 『濃姫孤愁』
 38 「八幡太郎」伝説 -源義家- 《征夷大将軍・前史》
 52 北の政所と淀の方


【近世史】
 5 江戸の経済危機に挑んだ男
    異才発掘:元禄の貨幣改鋳を断行した天才経済官僚、荻原重秀
 19 田沼意次と、近世日本の経済政策


【近・現代史】
 49 南満州鉄道


【時事】
 34 コメが日本の歴史をつくった
 51 悩める生徒会長



 日本の歴史を探す旅・トップページへ
 | HOME |  ▲ page top