FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

48 悪魔の知能ゲーム

1.囚人と帽子のパズル

 有名な論理パズルをひとつ紹介します。

 3人の囚人がいました。ある時、王様がやってきて言いました。
「ここに5つの帽子がある。見ての通り、3つは赤、2つは青い帽子だ。今からこれを、ひとつひとつオマエたちにかぶせる。自分のかぶっている帽子の色を言い当て、その理由も説明できる者がいたら釈放してやろう」
 王様は、3人の囚人にすべて赤い帽子をかぶらせ、残りのふたつの青い帽子は隠してしまいました。

続きを読む »

44 羽生善治のゲノム

1.羽生善治の将棋革命

「何と言えばいいのか、今の私たちがやっていることって、ある種、学術的な感じもするときがあるんです。棋士の人たち、ゲノムかなんかの解析をやってるんじゃないか、と思うときもあります」

 将棋界の第一人者、羽生善治さんの言葉です。
 「ゲノム」とは、「遺伝情報」。
 「棋士」は、現在、将棋の世界で活躍するプロ棋士たちです。

 上の言葉は、梅田望夫さんの近著、『シリコンバレーから将棋を観る 羽生善治と現代』から引用しました。
 『ウェブ進化論』の著者として知られる梅田さんですが、実は熱烈な将棋ファンらしいですね。今回この本を読んで、はじめて知りました。

続きを読む »

43 悪魔のマーチンゲール

 ギャンブルの世界には、「必勝法」という神話がつねに存在します。

 例えば、つぎのような話を聞いたら、どう思いますか?

 コインをほおって、裏が出るか表が出るかで賭けをするとします。
 あなたは。まず1万円を賭けます。勝てば2万円の払い戻しが得られますが、先に1万円を投資していますから、差し引きで1万円のプラスですね。負ければ賭けた1万円が没収されます。この場合は、1万円のマイナスです。

 たいへんシンプルな賭けです。
 こんな簡単な賭け事に、必勝法なんてあり得るのでしょうか?

「それが、あるのさ」

 悪魔がそう囁きます。

続きを読む »

 | HOME |  ▲ page top