FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

21 蘇我氏 - 列島の古代国家をつくった一族 -(その1)

 「蘇我氏」について、考えてみたいと思います。

 日本の歴史の流れの中に、時代を牽引する役割をになう一族がいくつも現れています。
 蘇我氏もそのひとつですが、活躍した時代が古いため、かなりの歴史好きでなければイメージがつかみにくいのではないでしょうか。

 蘇我氏が勢力をふるった期間は、おおよそ6世紀から7世紀にかけてです。
 とくに7世紀前半を「飛鳥時代」といいますが、有名な蘇我馬子・蝦夷・入鹿の3代が飛鳥の地から国政を動かした絶頂期にあたり、「蘇我時代」と呼ぶこともできると思います。 

続きを読む »

 | HOME |  ▲ page top