FC2ブログ

ブログ内検索


プロフィール

あまくさ

Author:あまくさ


 平将門の生涯を追うと、平安時代中葉~後半期の関東地方が、深刻なアナーキズムにつつまれていたことがわかります。東北の蝦夷との強いられた戦争。都の権門や国司たちによる過酷な搾取。
 関東の武士や民衆は、みずから汗を流して開拓した農地を守るため、立ち上がりました。それが、将門をリーダーとする大反乱です。
 将門は「新皇」と名乗り、「関東独立王国」を建設しようとしましたが、この歴史上初めての壮大な実験は、あえなくついえました。彼らの政権構想が、あまりに未熟だったからです。
 将門と坂東武者たちの見果てぬ夢。それが実現したのは、2世紀あまりのちのこと。源頼朝の登場まで待たなければなりませんでした。
 鎌倉幕府成立の本質は、武士による革命であり、働く者を社会の中心にすえる「世直し」とも言えるものでした。


カテゴリー


最近の記事


フリーエリア



デル株式会社


PCDEPOT WEB本店


にほんブログ村へ にほんブログ村 歴史ブログへ
人気Blogランキングへ

記事を気に入っていただけたら、ワンクリックよろしくお願いします




最近のコメント


リンク


RSSフィード


FC2カウンター


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム

6 戦国の梟雄

”「国主になりたいものだ」”

 この一言から、司馬遼太郎は波乱万丈の物語をスタートさせました。

”この夜のつぶやきは、日本史が永久に記憶しなければならなくなった。”

 時は戦国初頭。オープニングの舞台は、荒廃した京都。
 つぶやいた男の名は、松浪庄九郎。後の斉藤道三です。

 『国盗り物語』は、司馬遼太郎の代表作の一つ。
 この小説のストーリーは、前半と後半にわかれます。
 斉藤道三の野望の生涯を描いた前半から、後半はその志のバトンを受けついだ織田信長の覇業へと物語りは進んでいきます。

 作者が信長にあたえたキーワードは”合理主義者”。
 徹底した合理主義は、中世的な権威を破壊して近世の扉をひらく起爆剤となりました。
 同時に、理に合わぬことを嫌いぬく峻烈な人間性は、時に他人への酷薄な仕打ちにつながり、やがて本能寺の猛火へと彼を導いたのです。
 天下をめざして疾走した特異なキャラクターが明晰な筆致でくっきりと造形されており、織田信長像のひとつのスタンダードを確立した小説といえるでしょう。

 しかし、この作品の本当の面白さは、むしろ前半にあるように私には思えます。
 戦国の梟雄。美濃のまむし。
 悪名のつきまとう斉藤道三を、ここまで魅力的に描いたストーリーは他にありません。

続きを読む »

 | HOME |  ▲ page top